headband

高脂血症 治療

HOME >> 高脂血症と糖尿病の関係について

高脂血症と糖尿病の関係について

高脂血症の原因は運動不足、過剰カロリー摂取、喫煙、睡眠不足など多くありますが、そのなかで糖尿病も原因として挙げられます。

糖尿病という病名は聞いたことがあるでしょう。

いったい糖尿病と高脂血症はどのような関係があるのでしょうか?

これからその関係について

・糖尿病とは

・高脂血症との関係

・注意点

この3点から説明します。

糖尿病とは

最初に糖尿病について説明します。

実は日本国民の約20%が患者もしくは発症する可能性がある病気なんですね。

この糖尿病は他の病気とは異なり、不治の病であるため一度発症すると一生付き合っていかなければいけません。

糖尿病は簡単に言うと「体内のインスリン不足」です。

インスリンとはすい臓から分泌している成分で食品から摂取した血糖を分解します。

糖尿病はインスリンが分泌されないため、血糖値が高いままの状態の病気のことを言います。

大きく種類が2つあり、まず1型糖尿病はもともとすい臓がインスリンを分泌できない状態にあるため発症する糖尿病です。

そのため、つねにインスリンを注射する必要があります。

次に2型ですがインスリンの分泌量が低い状態の糖尿病です。

症状として疲労感、頻尿、喉の渇きが挙げられ、1型と異なり生活環境が原因で発症することがあります。


高脂血症との関係について

糖尿病がなぜ高脂血症につながってしまうのでしょうか?

上記でインスリンは血糖を分解する働きがあることを説明しましたが、その他にも脂肪の分解も行います。

つまりインスリンが不足すると脂肪が分解されず、血中に中性脂肪が増加してしまうからです。

また糖分がインスリンによってエネルギーに変換されないと、筋肉は中性脂肪を分解してエネルギーとして活用しようとします。

しかし分解によってできた遊離脂肪酸は筋肉で100%消費されないので残りが肝臓に戻り、再び中性脂肪とコレステロールになってしまいます。

これらにより高脂血症になってしまいます。

注意点について

高脂血症と糖尿病ともに動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞リスクを高めてしまいます。

しかも合併されることでよりリスクが高まります。

そのため予防するためには早期発見が必要です。

ただ残念ながら高脂血症も糖尿病も初期段階では自覚症状がありません。

そのため定期的な健康診断が重要になります。


高脂血症と糖尿病の関係のまとめ

高脂血症と糖尿病の関係について

・糖尿病とは

・高脂血症との関係

・注意点

この3点から説明しました。

糖尿病を防ぐことも高脂血症予防につながります。

予防方法はともに定期的な運動とバランスのよい食事です。

当サイトの人気記事

 1番人気! 高脂血症の治療に役立つサプリについて詳しく調べてみました


pagetop
inserted by FC2 system