headband

高脂血症 治療

HOME >> 高脂血症について

高脂血症について

健康診断の結果で「高脂血症」というワードを確認することができます。

誰でも一度は聞いたことがある名前ですが、詳細を知らない人も多いでしょう。

これから高脂血症について

・基本説明

・種類

・検査

この3点について説明します。


基本説明

私達の体内には血管が張り巡らされており、その中を血液が流れています。

この血液は体内に栄養を届ける重要な役割を果たしています。

この血液のなかには中性脂肪やコレステロール、リンなどの脂質が存在しています。

脂質と聞くと体に悪いイメージがありますが、ホルモンの原料やエネルギーの元になるなど必要不可欠な存在です。

そのうちの一つであるコレステロールはLDLコレステロールという悪玉コレステロールとHDLコレステロールという善玉コレステロールの2つがあります。

血液中の中性脂肪と悪玉コレステロールが多い状態を高脂血症と言います。

最近では高脂血症ではなく脂質異常症という名前で診断されることがあります。

つまり体にとってはよい存在のコレステロールのバランスが悪くなると発症する病気です。

種類について

高脂血症は実は4種類あります。

本人がいくら生活環境を良くしても遺伝が原因で発症してしまう原発性高脂血症です。

特に家族性高コレステロール血症はほぼ遺伝で発症します。

次に病気などで発症してしまう二次性高脂血症です。

肝臓病や糖尿病の患者に多く見られます。

改善方法は病気自体を治療することです。

また使用している治療中や予防のために使用している薬によっても発症する危険性があり、普段は健康な女性は避妊薬を使用して発症したケースもあります。

そのほかに悪玉コレステロール値の高い高LDLコレステロール血症とHDLコレステロール血症が低い低HDLコレステロール血症があります。

最後の2つは普段の食事や生活環境が原因で発症します。

検査について

高脂血症の検査は血液中の善玉コレステロール、悪玉コレステロール。中性脂肪の数値を測定します。

悪玉コレステロール値は140mg/dl以上、善玉コレステロールは40mg/dl未満、中性脂肪は150mg/dl以上となっています。

治療法については本人の症状によって異なります。

もし薬を服薬する場合は症状だけでなく、他の病気との関係を調べてから処方されます。


高脂血症のまとめ

高脂血症について

・基本説明

・種類

・検査

この3つを説明しました。

年齢を重ねると高脂血症にかかる確率は高くなります。

「今の自分には関係ない」と考えている人も将来患ってしまう可能性があります。

そうならないためにも普段の生活において運動や食事などの注意を払いましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 高脂血症の治療に役立つサプリについて詳しく調べてみました


pagetop
inserted by FC2 system