headband

高脂血症 治療

HOME >> 高脂血症の薬物療法について

高脂血症の薬物療法について

高脂血症の治療は食事療法と運動療法がメインですが、他にも薬物療法があります。

この薬物療法はどのような状態で行う治療法なのか?

またどのような薬を使用するのか?

これから薬物療法の特徴について

・条件

・種類

・家族性高コレステロール血症の場合

この3点について説明します。


条件について

高脂血症の治療は運動療法と食事療法を行います。

ほとんどの人がこれらの治療法により症状が改善しますが、中には症状が改善しない人もいます。

放置しておくと動脈硬化を引き起こしてしまうため、薬によって治療を行います。

どの薬にするかは本人の症状を見て、医師が決定します。


種類について

薬物療法で用いられる薬について説明します。

まずはHMG-CoA還元酵素阻害薬ですが、この薬は悪玉コレステロールの数値を下げて、逆に善玉コレステロールの数値を上げる効果があります。

また酵素は悪玉コレステロールを作る効果がありますが、この酵素の働きを抑えて生成自体を抑止させます。

これは薬物療法で一番多く使用されている薬です。

次に陰イオン交換樹脂薬です。

これはHMG-CoA還元酵素阻害薬と併用されることが多く、腸がコレステロールを吸収することを防ぎます。

3番目はプロブコールですが、これは悪玉コレステロール値を下げるだけでなく、動脈硬化の直接的な原因となる酸化も防いでくれます。

その他にも肝臓内で中性脂肪が作られるのを防ぐニコチン酸誘導体や中性脂肪を分解するフィブラート系薬があります。

これらを定期的に服薬することで症状は改善されますが、数値が安定したからといって自己判断で服薬を止めないでください。

また元に戻ってしまう可能性があります。服薬を止めるのは医師の判断に任せましょう。


家族性高コレステロール血症の場合

家族性高コレステロール血症とは生活環境ではなく、遺伝により発症する高脂血症です。

治療には主に悪玉コレステロールを下げる薬を使用します。

家族性高コレステロール血症の場合は一般的な薬では効果が出ないことがあります。

その場合はLDLアフェレーシスといういったん血液を抜いて、血中の悪玉コレステロールを取り除いた後に再び血管内に戻す治療法を施すことがあります。

高脂血症の薬物療法のまとめ

高脂血症の薬物療法について

・条件

・種類

・家族性高コレステロール血症の場合

この3点から説明しました。

薬物療法は効果が高い治療法ですが、運動療法と食事療法と組み合わせることで、より効果が増します。

ただ、このような状態になる前に予防することが望ましいです。

また少しでも体調が悪い場合はすぐに病院に行きましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 高脂血症の治療に役立つサプリについて詳しく調べてみました


pagetop
inserted by FC2 system